生成について

サンプルINI

[DEFAULT]

; タイトル、リンク文字列
title: タイトル

; 日付: 記事を書いた日付(このフォーマットで統一)
date: 2013/06/30

; タグ: カテゴリよりも緩い関連付け。タグごとに専用ページ用意
;       カンマで区切る
tags: タグ1, タグ2

; カテゴリ: ディレクトリ構造を取る。親、子のページ共に所属する。
;           未記入の場合は未分類。
category: cat1/cat2/cat3

; disqus(1:on 0:off)
disqus: 1

ディレクトリ構造

ブログのディレクトリ構造。日本語タグ、カテゴリはそのままファイル名等になる。

/
    index.html                # timeline html
    pages-1.html              # next page of index.html
    pages-2.html
    .
    .
    .
    index.rss
    all.html                  # all title view
    article/
        aaa.html
        bbb.html
        ccc.html
        .
        .
        .
    archives/
        201306.html           # from old to new pages
        .
        .
        .
    tags/
        tag1.html
        tag1.rss
        tag2.html
        tag2.rss
        .
        .
        .
    categories/
        cat1.html
        cat1.rss
        cat1/
            cat1_1.html
            cat1_1.rss
            cat1_1/
                cat1_1_1.html
                cat1_1_1.rss
                cat1_1_1/
        cat2.html
        cat2.rss
        cat2/
        .
        .
        .

プログラム等のハイライトも可。

#!/usr/bin/env python2
# coding: utf-8

print os.path.abspath(__file__)
comments powered by Disqus
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ